女子不適合者。

社会人4年目。日常のことを徒然なるままに記したブログ。

【書評】2.「美人肌になるためのスキンケア 76の法則」

今回の書評も、図書館で借りた本から。タイトルは「美人肌になるためのスキンケア 76の法則」。

 

f:id:kamex0710:20170604155135j:image

 

この本は 2011年に宝島社より出版され、皮膚科医の吉木伸子 (よしき のぶこ) 氏によって書かれた本。本は ネットの情報よりも信憑性が高く、美容に関する正しい知識をシェアしたいと思ったので、紹介。

美人肌」と聞くと、読者のターゲットは女性になりがちだが、最近では男性もスキンケアする時代なので、個人的には男女問わず読んでもらいたいと思っている。

 

この本の大まかな構成については、、、

・76の法則を、見開き2ページで1項目ずつ紹介。(右ページにタイトル、左ページに解説…という構成が76項目分ある) 

・付録と資料 (私は 年代別のスキンケア方法日焼け止めに使われている言葉の意味が特に勉強になった。) 

・語句の解説 (主に 化粧品に含まれる成分の解説) 

…という構成になっている。因みに 本はスキンケアの解説がメインなので、イラストや図は載っていない。

 

この本を読んで 印象に残っている文章はいくつかあるが、何と言っても 1項目目の「あなたの肌を救うのはあなたの知性です」が、全てを物語っている。なぜなら、この本では巷で売っている化粧品の成分やその作用、美肌になるためのスキンケア方法についての解説は詳しくなされているが、具体的に オススメの化粧品についての言及は一切なされていないからだ。人間は一人一人顔や個性が違うように、化粧品の合う合わないも人によって違うということか。

 

そういう訳で、肌に合うオススメの化粧品目当てで この本を読もうと思った方は、残念ながら他の本を読むことをオススメする。

 

私は この本を読んで、既に実践済みの項目もいくつかあったが、ほとんど無意識でやっていることだったので、なぜ そのスキンケアが良いのか (或いは 良くないのか)、医学的な観点から理解を深めるのに良い読み物だった。例えば、

18. 化粧品はコットンではなく、手のひらでつけましょう

 

「美人肌になるためのスキンケア 76の法則」P.46 より引用

 

…については 私は学生の時から無意識に手のひらを使ったスキンケアをしているが、単に コットンを買うのが面倒という理由で行っていた (笑)。

 

本の中では、

コットンの繊維が肌に触れると、目に見えない小さな傷がつくことがあるので、そのほうが問題です。

 

「美人肌になるためのスキンケア 76の法則」P.47 より引用

…とのこと。

 

このスキンケアと類似したものだと、化粧水パック (顔型に切られたシートに たっぷり美容液を浸したアレ) も スキンケアには良くない。詳しくは本の中で解説しているので、そちらを参考に。