女子不適合者。

社会人4年目。日常のことを徒然なるままに記したブログ。

【速報】ご報告17.

1. ご報告17. 

私のブログをお読みいただいた皆様、

 

ブログ 4,500PV を達成していたので、突発的に投稿いたしました!!

 

f:id:kamex0710:20170911215840j:image

 

私のブログ閲覧に熱心な方々も、たまたま通りすがった方々も、ブログお読みいただきありがとうございます。

 

次は 総PV数 5,000PV です!!

 

今後とも応援よろしくお願いいたします!!📣

 

2. 積立投資信託スタート

追記: 前回のご報告ブログで、楽天証券の口座開設した旨を投稿しました。

 

 

そして 先週、、、漸く積立投信の商品選びが完了しました!

 

横山光昭氏の著作「はじめての人のための3000円投資生活」を真似して、月々3,000円からの投資生活です。引き落としは今月からとホントに始めたばかりですが、これから細々とした投資ライフが始まります!

 

↓私の選んだ積立投信はこちら。 因みに、3つとも 購入時手数料信託財産留保額 *1 ともにゼロのオトクな積立投信!

f:id:kamex0710:20170910231455j:image

 

それぞれの商品についての詳細は以下。

(1) 〈購入・換金手数料なし〉ニッセイ Jリートインデックスファンド

ニッセイのJリート *2 は、信託報酬 *3 が業界最安の 0.27% (税込・1年間あたり) なのが決め手で即決。

参考: 楽天証券ホームページ

www.rakuten-sec.co.jp

 

Jリートに賭けてみようと思ったのは、不動産投資した気になりたいという安直な動機から (笑)。半年ほど前 マネーセミナーに行った際、セミナー講師の方から「不動産投資のターゲットは、年収400万円以上だと審査に通りやすい。」と聞いた。中には自己資金0円の不動産投資もあるが、本などでも少し勉強したところ、運営が大変でかなりハイリスクなのと、私の年収だと死ぬまでガチの不動産投資は出来ないと思い、インデックスファンドで細々と資産形成することになった。

 

(2) たわらノーロード バランス (8資産均等型) 

8資産 *412.5%ずつに配分したバランス型の投資信託。 

たわらノーロード」シリーズは、横山光昭氏の著作でも低コスト商品の1つとしてオススメされている。私も「たわらノーロード」販売会社である「アセットマネジメントOne社」の運用哲学に共感を覚え、購入に至った。2017年7月28日に出来たばかりのファンド。運用実績が浅いので、買い増そうか迷ったが、国の金融政策が「貯蓄から投資へ」後押ししているのと、金融業界で投資信託の見直しが始まっているので「これからの時代は、低コストのインデックスファンドが来る!!」と予測して購入。運用実績が浅いなら、いっそ 自分が作ってしまおうか!…というノリで購入。

 

因みに、信託報酬は 0.2376% (税込・1年間あたり) と、こちらも低コスト。

参考: 楽天証券ホームページ

www.rakuten-sec.co.jp

 

(3) たわらノーロード TOPIX

TOPIX に連動した国内株式向けインデックスファンド。2017年3月21日に出来たばかりのファンド。

因みに、信託報酬は 0.1944% (税込・1年間あたり) と、こちらも低コスト。

参考: 楽天証券ホームページ

www.rakuten-sec.co.jp

*1:投資信託解約時にかかる手数料

*2:J-REIT (Japan Real Estate Investment Trust): Jリート=国内不動産投資信託

*3:投資信託保有中にかかる手数料

*4:国内株式・国内債券・先進国株式・先進国債券・新興国株式・新興国債券・国内リート・先進国リート